実用派に。一般的な素材をお探しの方に。黒水牛認印

黒水牛印鑑
京印章とは、中国、漢の時代の重厚な作風を受け継いでおり、関東の印章とは作風が違います。
平安京以後、京都では天皇御璽(天皇の印章)や当時の役所の官印などが作られ、
江戸時代に入ると庶民にまで印章が広まり印判師が京都に誕生し、人数も増えていきました。
この様にして京都で発展し、作られた印章を京印章といい、伝統産業として受け継がれています。
てん書体をお選びいただいた場合のみ京印章となります。
「京印章」は京都府印章業協同組合により認定された、「京印章制作士」によって「京印章販売處」
のみが販売できる京都ブランドの印章(印鑑)です。
「京都インバン」では国家認定印章彫刻技能士がまごころこめて仕上げます。
黒水牛荒彫り 黒水牛印面

実用性にとんだ素材 黒水牛

タイ・ミャンマー・インドなどに生息する水牛の角を材料に用い、他の水牛材料と同じくねばり強い特質を持っています。
自然の中では真黒な水牛の角は存在せず、染料で染めている為に他の水牛材料と比べ耐性は落ちると言われていますが、登録用印材として実用性の高い印材です。
黒水牛 印材

黒水牛と芯について

黒水牛のてっぺんには、針でついたようなへこみが数個あります。
この部分は芯とよばれ、この部分が角の中心を通っています。木材の切り口と同じように、材料の中心に近いほど目が細かく、ひび割れができにくい特性があります。
洋服に使われるボタン等とことなり、印材に用いられる黒水牛は耐久性の問題から芯持ちの材料が適していると言われております。
芯もちの部分は一本の牛の角から数本しかとることができないので貴重です。
※京都インバンでは全て芯持ちを使用しています。
黒水牛 芯
牛もみ皮のケースが付きます。
もみ皮ケース

ロボット彫刻と手仕上げの違い

機械彫刻 機械彫刻 印鑑 手仕上げ
最近ではロボット彫刻が増え、安価な印章が増えてきましたが手仕上げをすることで欠けにくく、
永年愛用していただける印章になります。

認印の印鑑サイズについて

認印は男女ともに10.5ミリをお勧めしていますが、大きめのサイズをお好みのようでしたら、1ランク上(12ミリ)サイズをご使用ください。
実印 サイズ
表示切替: 並び順: 在庫:
2件中1件~2件を表示

商品一覧

実用派に。一般的な素材をお探しの方に。黒水牛 認印 12mm丸6cm丈(4分丸2寸)

店頭通常販売価格: ¥11,800(税込)

WEBショップ限定割引価格: ¥8,800(税込)

実用派に。一般的な素材をお探しの方に。黒水牛 認印 10.5mm丸6cm丈(3分半丸2寸)

店頭通常販売価格: ¥9,800(税込)

WEBショップ限定割引価格: ¥7,300(税込)

2件中1件~2件を表示

パナソニック受取ボックススタンプバナー

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※ご注文は24時間年中無休で受付。
赤色の日は定休日です。
( 電話・メールの応対がお休みです)
ご注文の確認も営業日になります

ページトップへ